最初で決まる書き出しの書き方

近年ではデジタル化が進み、スマートフォンやパソコンの普及に伴い、私たちはめっきり手紙を書く機会がなくなり、何でもメールで済ませてしまうようになっています。広く浸透していた年賀状や暑中見舞いのはがきでさえ、ほとんどがプリントされたものとなっており、自分は愚か、深くお付き合いしている相手でも、どんな字を書くのか知らないことさえ珍しいことではありません。しかしやはり、手紙はもらってとてもうれしいもので、今のこの時代においてもちょっとした贈り物などでも手書きのメモが入っていたり、丁寧なお礼状などが届くと、新鮮な気分がしてとてもうれしいものです。手紙は日本の美しい文化でもあり、季語なども含め、社会人として恥ずかしくない一般教養を身につけていたいものです。そして書体も綺麗に書けなくても、ゆっくり丁寧に書き、相手の読みやすさを考えて、一文字一文字心を込めて記したいものです。手紙は書き出しが肝心で、最初のフレーズいかんで印象もガラッと変わってくるものなので、いろいろな書物を参考に、正しい手紙の書き方などを学んでおくのもとても良いことです。書き出しは、何もかしこまった拝啓から入らなくても良いので、相手の心を瞬時に引きつけてしまえるように、何度も校正を練って仕上げましょう。どんなに文章の上手な人であっても、下書きなしで手紙を書くのは難しいもので、後から読み返してみるとわかりにくく、前後のつながりがおかしくなってしまっている場合も多いものです。できれば最初に書きたいこと、伝えたいことをざっくりと書き、何度も読み返しながら膨らませていく書き方がお勧めです。そして便箋一枚というのはマナーとして無礼ととられることもあるので、字の大きさ、間隔などを考えて、二枚目になるように心がけましょう。自分が伝えたいことがきちんと伝わり、相手に誤解のないような言い回しに気をつかって仕上げれば、心がこもった手紙が完成するはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>