書き出しは季語を手紙の最初は難しい

現代社会では、情報機器の発達により手紙を書く、という作業から若者は遠ざかっているような気がします。年賀のあいさつも現代では、メールや通信アプリを使用して済ますということも少なくありません。

寒中見舞いや暑中見舞いなども出す人は出しますし、手紙にこだわる人もおり、そういった人たちはやはり手書きにこだわって字が達者になっていくのが分かります。パソコンが普及して、はがきや手紙を書く際には文書作成ソフトを使用することが多くなり、そしてまた印刷もパソコンを使用すれば非常に簡単にできます。

しかしながら、たとえパソコンを使おうとも手書きであろうとも、難しいのは書き出しの部分です。
手紙の最初には古来から季語を入れた書き出しが好まれてきました。

季語を選択しようとするときに、最初は季語も様々なため迷うこともあります。
春夏秋冬でそれぞれ言い方が幾通りもあるので最初は混乱するかもしれません。

季語は季節によって変わりますし、もちろん暦の上での季節だけがすべてではありません。
人によって季節の感じ方も違うので、その選択も非常に難しいと言えます。
例えば、初秋を晩夏と考える人もいますし、もちろん逆もまた然りです。

従って、季語を選択する際には一番考えなければならないのは相手のこと、であると考えられます。手紙を送る先の人を知ることで書き出しの部分で使用する季語が少しずつ見えてきます。

例えば、恋が破れた相手に初秋の季語を入れると、これからさらに寂しさが募っていく感じがします。秋が寂しさの象徴であるとは言い切れませんが、このように人の状況を判断したうえでの季語を入れることが大切です。一対一の関係であればなおさら、相手の状況に配慮しなければなりません。

個人的関係でなければ、手紙を送る際に使用する季語は暦に準じたものが無難だと考えられます。難しいと思われる部分は、そのあいまいさにあり、これは日本の季節が少しずつ移り変わっていくものだからと考えられます。

そのような書き出しで始めるのは日本古来からの文化であり、四季を表現する美しい方法だとも言えます。日本では四季で移り変わっていく変容を大切にする傾向があり、この変容の中にも美しさを感じる国民性があるともいえるでしょう。

ちなみに高等学校などで使用される国語便覧には書き出し一覧が掲載されています。
教育現場においても、導入されている手紙の書き出しは日本人が身に着ける教養の一つ、ということができるでしょう。

お気に入りサイト

Nagoya 38 hotels for repeaters
Choose the best accommodation deal for your trip

廃車を高く買い取ってもらうためのコツとは?
便利な廃車ひきとり110番で査定しましょう

隅田川周遊の屋形船宴会ならあみ幸で
最大74名乗船可能です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>